フォト

ニコニコ動画投稿作品

無料ブログはココログ

« また、元の木阿弥 | トップページ | 24時間休めると思ったか? »

2012年9月12日 (水)

祖父との別れ

一昨日から実は母の実家がある石川県に行って、先ほど大阪に戻ってまいりました。

母方の祖父が亡くなり、その葬儀のために行っていたのです。



幼少時から高校生くらいまで、私の両親は夏休みの盆前になると母方の実家に家族全員で帰省していました。
母方の祖父母のことを「田舎のおじいちゃん、おばあちゃん」と呼んでおり、毎年帰省するのが一家にとっての一大行事でした。

大学に入ってからは私が帰省することはめったになくなり、最後に私が帰省したのは父が亡くなったことを報告した時でした。
それ以後は電話でのやり取りのみになってしまいましたが、元来体が丈夫だった祖父はよく私に「お前も体を鍛えておけよ、爺ちゃんみたいにな」と言っておりました。



祖父は非常に責任感が強く、祖母が介護が必要になった時も長い間自分一人で祖母の介護をしておりました。
祖母が施設に入所になってからも毎日車で施設に通い、祖母に面会しておりました。
それを90歳が過ぎても、危篤になる直前まで、ほぼ毎日行っていました。

母は自分が遠いところに嫁いだことを悔やんでおり、私に「まとまった休みが取れたら会いに行こうね」と何度も言っておりました。
しかし祖父が危篤になり、母は兄弟と一緒に先に帰省し、祖父の最期を見届けました。
私はその場に立ち会うことができませんでした。

亡くなった知らせを受けたその日に私は兄夫婦と一緒に母の実家に行き、祖父と対面しました。
その表情や皮膚の色はまだ亡くなっていないんじゃないかと思うくらいしっかりしていました。

その日のうちに通夜が行われ、翌日に葬儀を行いました。

母はしばらく兄弟と一緒に実家で過ごし、家の片づけや祖母の見舞いをするとのことで、私は先に今日帰ってきました。



幼少の頃の大きな思い出のかけらが忽然と消え、母の実家との太いつながりの糸が一本切れてしまい、自分の心に大きな穴が開いてしまった感じです。



明日から普通通り仕事に入ります。
人員不足の中ご迷惑をおかけしましたが、なんとか気持ちを入れ替えて取り組んでいきたいと思います。

« また、元の木阿弥 | トップページ | 24時間休めると思ったか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522892/47048182

この記事へのトラックバック一覧です: 祖父との別れ:

« また、元の木阿弥 | トップページ | 24時間休めると思ったか? »