フォト

ニコニコ動画投稿作品

無料ブログはココログ

« 引き抜かれる職場 | トップページ | ふくらはぎをいたわる »

2015年4月22日 (水)

重圧

二月から異動した現場は、以前の現場と比べて確かに介助負担は減りました。

しかし以前よりストレスのかかる生活を送っています

理由は今の上司の存在です

今の上司は「すぐ結果を求める」タイプで、要領の悪い私はかなりその上司に目を付けられています。
加えて私をはじめとした正職員に対してかなり厳しいハードルを設けており、それが正職員にとってプレッシャーになっています。

最も後者の方は上司として当然の行為なのですが、当の上司は「自分はちゃんと出来ている」という自負が強いせいか、かなりワンマンな状態になっています。
さらに他人の欠点ばかりに目が行く性格のようで、その対象は自分の部下のみならず、自分より同格以上の存在に対しても批判的なことを良く口にしています。

パート職員の方はあまり感じてはおりませんが、正職員の多くはその上司に対して萎縮する事も多々あります。

私はシフトの入れ替わりがその上司だった場合、入れ替わりの時間が近づくだけでプレッシャーがかかり、「ミスがあったらどうしよう…」と動揺してしまいます。
そして本当にミスを犯したり不備を見つけられたりして、後で叱責を受けてしまいます。

シフトの入れ替わりというわずかな時間でこのありさまですから、もしシフトが重なってしまったらこれ以上の重圧がかかるのは当然と言えます。
ましてそれが、私と上司の二人きりで仕事しなければいけない夜勤だとしたら…。

実はその上司は20代後半と若く、私が異動するまではお互いタメ口で話せる間柄だったのですが、今は状況が違います。
「もっと気楽に構えても良いのに」と当の上司に言われたりすることもありますが、今は上司と部下の間柄のため、私は敬語を使っています。
大体萎縮してしまう状況下でタメ口をきける訳無いでしょうに

昨日の朝に夜勤明けだったのですが、朝に上司からいろいろとあったせいで、一日たった今日にまで引きずっています。
本当はやりたいことがあったのですが、もうボーッとしかできませんでした。

明日も休みなのですが、夕方から会議があるため実質半日も休めない状況です。

« 引き抜かれる職場 | トップページ | ふくらはぎをいたわる »

介護の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522892/59739190

この記事へのトラックバック一覧です: 重圧:

« 引き抜かれる職場 | トップページ | ふくらはぎをいたわる »