フォト

ニコニコ動画投稿作品

無料ブログはココログ

« インフルエンザ隔離顛末記 | トップページ | 身から出た錆とはいえ »

2016年5月12日 (木)

スランプ、スランプ…

3月末からずっとですが仕事がうまくいかない日々が続いています。

元々複数の事を同時に処理するのが苦手な性格で、想定外の事が起きると焦ってパニックになってしまう事が多く、それを上司に何度も指摘されています。

さらに上司が僕をはじめとした部下全員の仕事ぶりを見るという事で、介護の業務にあたっている間ずっと側についていたことがあったのですが、その時は緊張で手が上手く動かずミスを連発し、業務後厳しい指導を受けることが何度かありました。

そのすぐ後に上司と二人きりで夜勤に入ったときは「何を言われるのだろうか…」と緊張でガクガク震えながら夜勤を過ごしたことを覚えています。

このころから心の不安が業務中にも表情に表れ始め、これまたそれを上司に注意されたりしています。

そして4月の上旬ですが、「もう自分は介護の仕事には向いていない」という状況にまで追い詰められてしまいました。

上述の事や、入居者からのクレーム、体調不良を訴えた方の初動対応の不備…
その日の夜勤明け、家に帰って布団で大泣きしました。
「もう無理だ!」と何度泣きながら叫んだでしょうか。

既に上司には以前の件もあって、僕はパニックになると業務に支障をきたすことがあると認識されていたようで、上司から主任に取り次いだ結果、主任と二人きりで話をしました。
主任は「今まで通りやってくれて構わない」と言われ、その時は仕事を止めるのはひとまず心の中にしまっておきましたが…。

ただそれでも仕事のスランプは続いたままです。

自分の判断で行った事が結果事故のリスクを高めることになり、上司から注意を受けることも多く、状況は一向に改善されていません。

服用を止めていたスルピリドの服用も再開しましたが、シフトの時間が不定期なこともありついつい飲み忘れてしまいがちです。
そして飲み忘れた時に限って何かアクシデントが起こってしまいます。
昨日も入居者の眠前薬の服用ミスを犯してしまいました。

僕が他の職員より仕事の段取りが悪い事もそれに拍車をかけています。
自分の中では何とか段取り良くしようと考えているのですが、それでもほかの職員より大体い1~2割ほど仕事のスピードは遅いままです。
指導されたことは順守しているつもりなのですが…。

今他の職員から言われて一番ショックな言葉は「何年この仕事をしてるの?」というセリフです。
これを言われると「やっぱり自分には介護の仕事は向いていないんだ」と思ってしまいます。

殆ど介護の仕事しかやってこなかったので、仮に向いていなかったとしても今更辞めるわけにはいきません。

« インフルエンザ隔離顛末記 | トップページ | 身から出た錆とはいえ »

介護の仕事」カテゴリの記事

コメント

 よっさん、こんにちは!

お疲れ様ですconfident
スランプが続いているとのこと、それは つらいですよねweep

ところで私は、よっさんはとても介護に向いておられると思っております。
一緒に働いてるわけでもなく、ネットで会話させてもらったり つぶやきを拝見して
いる時のイメージではあるのですがnotes

それにしても私自身は夜勤もありませんし、
子育てと両立できる程度しか介護の仕事には携わってはいません。


だからよっさんのことは、すごい!shineと尊敬の眼差しで見ています。

でももし、今の施設で働き続けるのは いやだ!と思われるなら
違う施設に移ってもいいし・・・


なんといっても、 よっさんには ケアマネの資格があるではありませんか!!!

そちらで活躍される方法もあるのでは!?とも思いましたheart04


どうか上手にストレス発散して、ご自愛くださいconfident

コメントするのは初めてですね。ひまわりです。
 
介護の仕事は本当に大変だと思います。
私にはできません。尊敬します!!
 
なんの仕事でもそうですが、スピードよりはミスがない方が重要かと…
ミスがないように心がければ、自信もついてきますし、自然とスピードも上がると
思います。
 
介護の仕事をしていない私が言うのも失礼かと思いますが…
 
私も病気を持っていますので、ついつい人並みを目指してしまいますが…
自信を失くすと悪循環になりますから。
思いつめないで、自分のペースを大切にしてください。
職場も、今のところだけじゃないですしね。
いろんな選択肢がありますから!!

お久しぶりです。
お仕事 お疲れ様です。。

私は介護の仕事はしていないですが・・・
(撮影業なので)年に一度、保育園の「お泊り保育」が
その園の系列の養護施設の場所をお借りして行われ、
そこで園児たちの撮影をしています。。
職員さんや利用者様とは挨拶交わす程度で直接関わることはないのですが
「その場」ということもあって様子も見られて。。
保育士さんも大変だけど、介護士さんももっと大変だなぁ~と
いつも関心の気持ちで見ています。

医療関連の仕事は本当に厳しくて・・・
その仕事に今迄でも頑張って来られたよっさんを尊敬しますよ~。

どの仕事・職業でも言えるのかもしれないけど
「環境」ということも関わりが大事だったりしますよね。

どうか、くれぐれもお体に気をつけて
何かあったら、此処にでも吐き出して・・・
無理のないようにお過ごしくださいね~。

>モス姉さん
ありがとうございます。

自分は介護に向いている、とは周りからも良く言われるのですが、このスランプはどちらかと言えば自分の性格の悪いところである「複数の事を同時に処理するのが苦手」というのが如実に表れているところです。
こうなると僕の場合「あ~~っ!!」と心の中でパニックになってしまいがちで、それが仕事に悪い影響を与えたりします。

ケアマネについても、相談援助技術とか、相手の隠れたニーズを見つけ出す技術とかについては滅茶苦茶苦手な分野だと思ってます…。

>ひまわりさん
こちらでは初めまして、ですね。

「スピードよりはミスがない方が重要かと」…理想は確かにそうなんです。
主任も「時間がかかってもいいので確実に仕事を行えばいい」と仰ってます。

しかし例えば、フロアの1ユニットの就寝介助を回るだけでも、早い人では僕が終わる時間の30分以上前に全て終わらせる人もおられたりします。

そうなると「なぜ僕の場合は…」と思ってしまいますし、それを気にせず自分は自分のペースで頑張ろうと思っていても、上司から「なぜおまえは他の職員よりスピードが遅いか考えたことがあるのか?」と問われたりすることもあります。

理想と現実はどうしても差が出てくるものですね。

とにかく、自信を無くさないように頑張っていきます!

>詩音さん
お久しぶりです^^

保育士の処遇改善を求めるニュースがあったのは記憶に新しいところですね。
実際に保育士の仕事をまじかで見たことは無いのですが、保育士も介護士同様「人の命を預かる」職種ですからその大変さはある程度理解できます。

話がそれますが、うちの職場には保育士と介護士の二足のわらじをはく職員さんがおられます(要するに掛け持ち)。
多忙だからかどうかはわかりませんが、一時期体調を崩されてました。
しかし持ち前のポジティブさで今も頑張っておられます。
僕にもそのポジティブさを少し分けてもらいたいくらいです^^;

仕事でいろいろあって長いこと溜めこんでしまい、今回一気に吐き出してしまったのですが、これからは少しずつ書き込んで気持ちを小分けに吐き出して行った方がいいかなぁ…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522892/65443037

この記事へのトラックバック一覧です: スランプ、スランプ…:

« インフルエンザ隔離顛末記 | トップページ | 身から出た錆とはいえ »