フォト

ニコニコ動画投稿作品

無料ブログはココログ

« 旧友と飲みに | トップページ | 個性を無くす現場 »

2016年6月12日 (日)

付き合う余裕がなかった

9時から21時までの勤務が3日間続きました。

今日が最終日だったのですが、勤務後同じ21時ごろに上がった職員2名から職場近くのファミレスで軽く食べに行かないかと急に誘われました。

何せ急だったので僕はその場では「え~~~!?まだ仕事が残ってるのに…」と驚きながらお茶を濁しましたが、二人は「こんな時でないと愚痴を言い合えないよ、先に待ってるから」と言い残して去っていきました。

僕はまだ仕事が片付いてなかったので先に残った仕事を片付けましたが、その後は…


家に直行しました。


本当はだめなんでしょうけど、実のところ同僚と愚痴を言い合う余裕すらありませんでした。

多忙過ぎる現場の中、日々皆は疲れを押して躍起になっているため、一息つきたい気持ちも解ります。

でも僕は一刻も早く家に帰りたかった。
拘束時間の長い3日間から一刻も早く離れたかった。
たとえ明日が休日であったとしても。

本当にゆとりが無かった。

だから帰ってしまいました。


明後日なんとお詫びすれば良いだろう…。

« 旧友と飲みに | トップページ | 個性を無くす現場 »

介護の仕事」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまです。
いいんじゃないですか?「体調が悪くなって…」で。
一刻も早く帰りたいときってありますもの。
職場の人ならなおさらです。
私なんて、彼や友人と会うのも「体調次第で!」と言ってあります(苦笑)
 
あまり気にしないでいいと思いますよ。

>ひまわりさん

ありがとうございます。

明日から3連勤ですができるだけ深く考えずに行こうと思います。
断った相手に会ったら素直に「しんどかったので…」と謝ります^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522892/65987144

この記事へのトラックバック一覧です: 付き合う余裕がなかった:

« 旧友と飲みに | トップページ | 個性を無くす現場 »