フォト

ニコニコ動画投稿作品

無料ブログはココログ

« 今年もこの時期はスランプなのか? | トップページ | 相変わらず改善されない職場 »

2017年4月 3日 (月)

声を荒らげたくなりそう

職場は徐々にではありますが職員一人一人への負担が増してきています。

主な理由はいつものことながら職員の離職による人員不足です。

うちの現場も派遣で来られているフルタイムの職員が一人辞め、二人辞め…。

三人目も今月か来月中に退職するそうです。

当然ながら残された職員への負担はこれまで以上に増え、ここ最近では「朝9時~夜21時までの勤務」がざらになってきています。

先日、次のシフトの草案を上司に見せてもらいましたが、僕のシフトは上記の11時間労働日が10日ほどあるそうです。
もちろん他の職員も同じくらいの負担を強いられるようですが。

先々週は11時間労働の出勤が重なり、後半の方は人のいない所で思わず「あ~~~っ!!」と声を出してしまいがちになっていました。

次のシフトもこんな感じで慌ただしさと苛立ちの中仕事をこなさなければならないのでしょうか…。

« 今年もこの時期はスランプなのか? | トップページ | 相変わらず改善されない職場 »

介護の仕事」カテゴリの記事

コメント

介護の現場は人員不足が深刻だと聞きますが。
なんとか改善策はないのでしょうかね…
命を預かる現場ですし、職員へのケアは大切だと思うんですけど…
人員の補充があるまで、なんとか乗り切ってくださいね。

お久しぶりです、ひまわりさん。

人員不足は拍車がかかっており、記事に書いていた「3人目の離職者」の退職時期も4月末に前倒しされました。

明日からのシフトは日勤帯でも他のフロアからのヘルプが必要になる事が決まっています。

この負のスパイラルは当分終わりが見えなさそうです…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522892/70140147

この記事へのトラックバック一覧です: 声を荒らげたくなりそう:

« 今年もこの時期はスランプなのか? | トップページ | 相変わらず改善されない職場 »