フォト

ニコニコ動画投稿作品

無料ブログはココログ

心と体

2017年10月22日 (日)

息切れ、めまい、それから

先月の話になりますが、仕事中ひどいめまいに襲われたことがありました。

9月ごろから(実際は8月ごろからですが)上司にいろいろと言われるようになったのは前に書いた通りですが、だんだんとエスカレートしていくように感じるようになりました。

めまいを起こしたその日は、朝から他ユニットのヘルプに駆けつけなければならないなど大忙しで、そのうえ上司からは目を合わせるたびに細かい事で注意を受け続けてきたせいか知りませんが、夕方ごろから息切れが激しくなってきました。

夕食後にはついにこれまでに体験した事の無い強いめまいに襲われてしまいました。

しかも全盲の方の歩行介助中に。

その場は何とかしのぎましたが、その後も息切れ、めまいを起こしながら仕事を行い、お年寄りからも「大丈夫か?」と言われてしまいました。

その日の仕事後上司に自分の息切れについて打ち明けました(めまいについては伏せました)。

同時に心療内科で治療を受けていることも。

以下は僕と上司のやり取りです。



上司
「なんで過呼吸状態になるのかは原因は分かってるの?」

「緊張によるものです。医師がそう言っています」

上司「何年前から通ってるの?」

「もう10年以上になります」

上司「薬は?」

「入眠導入剤が2種類と、屯用が1種類です」

上司「それは自分の問題だから自分が何とかするしかない」

まぁそういう回答になる事は分かってましたがね。

翌日が心療内科の診察日だったので、医師にそのいきさつを話すと、医師は「職場で何とかしなければいけない問題なのに、何もしようとしないのはおかしい」と答えられてました。

で、行き着いた結論が、今の職場を辞めること

職場を変えた方が良いという結論だったのですが、それについては障碍者枠で雇用してもらうとか(今の僕だと恐らく3級の手帳は交付されるらしい)だったのですが、手続きに時間がかかるうえ、障碍者だということについて周りがどういう反応を示すのかという不安もあり、しばらく保留しました。

ですが、そろそろ限界が近づいてきています。

めまいの再発こそないですが、職場の環境はさらに混沌としています。

職場の体制が一新されたことで入力業務が紙媒体からすべて電子媒体へ入力しなければいけなくなり、今移行の途中ですが、それに時間を取られることが増え、また職場の新しいルールも作られ、それにも適応していかなければなりません。

元々細かいミスが目立つ僕は、ここでも些細なミスが積み重なり、結果として上司から毎日注意・指導・叱責を受け続けています。

最近は以前にできていた事も出来なくなってきていると注意されています。

書類の作成とか上司への報告とかですが、自分でもどうすればよいか再び迷う日々が続いています。


何かしても見えない所で何か落ち度があり、結果上司に叱責される、そんな毎日です。


「それを改めれば済む話だろう」と言われたらそれまでですが、どう改めれば良いのかすらわからなくなっているのが現状です。